毛髪の抜け防止策|ノンシリコンシャンプーが頭皮を守る|おすすめする理由
ウーマン

ノンシリコンシャンプーが頭皮を守る|おすすめする理由

毛髪の抜け防止策

女性

時に治療が必要です

抜け毛は、生活習慣やストレスなどによって老若男女に起こり得る症状です。加齢に伴って髪は輝きや太さ、量などに変化が表れます。従って、ある程度の年齢になったら抜け毛も自然な老化現象の一つです。ただ、状況によってはホルモン異常などが関係していることがありますので、注意が必要になります。例えば産後は、抜け毛が増えるのが一般的です。産後に生じる抜け毛の場合には、女性ホルモンの変化やストレスなどが原因に挙げられます。産後の抜け毛は、自然に治ることがほとんどです。ですが、疲労が続いている場合などは、抜け毛の症状が長期にわたって続きます。こういった時には、産後の抜け毛治療に詳しい毛髪の専門医に相談することが必要です。

数か月後から発生します

産後に起こる抜け毛には、一定の特徴が見られます。この場合には、出産後数か月経過してから抜け毛が増えてくることが多いです。出産後の体調が徐々に落ち着いてきた頃に髪が抜けだすのが、通常のスタイルと言えます。産後の抜け毛の症状は、髪全体が薄くなるのが特徴です。円形脱毛症などとは異なり、比較的均一に量が減る傾向があります。ホルモンバランスの乱れ以外の原因としては、授乳による影響が指摘されています。栄養分が母体に行き渡らなくなり、脱毛という症状に繋がってくるというのが一つの説です。また、生活習慣の変化も頭皮や毛髪には悪影響を与えます。こういった様々な要因が複雑に絡み合って起こってくるのが、産後の脱毛です。